Voyage à vélo gratuit

To far away by bicycle

Haute Brevet Nihonbashi

Haute Route をリスペクトしたAR日本橋のHaute Brevetに参加してきました。

宇都宮山岳(3連目はDNS)オマージュでもあります。

 

Day1

八王子を4:30にスタートするので家は2時に出た。いつもながら準備は前日なので睡眠3時間。

最初は和田峠。ピンクベストの方とフィリップさんが先行するけど、脚を温存しよう、ついて行けないだけだけど。田和、鶴、今川、柳沢の峠三昧。ちょっと前に変えた後輪が滑って何度かコーナーをオーバー。下手なだけか?2日目からグリップしてきたので、おろしたてのタイヤは滑るのかな。

柳沢では、名水わらび餅屋にフィリップさんが先着、吸い込まれた。先月、塩山側から柳沢峠に登ったけど、奥多摩に黒雲が見えたのでわらび餅屋に寄らずにUターン。これは寄るしかない。美味しい♪

塩山に下り、山に行くならクリスタルラインに行きたいところだけど、木賊峠は通行止め。多良峠へ。登りは覚えていないけど、下りは3日間の中で一番酷かった。あまりのガタガタにハンドルは送られ、eTrexが落車して(紐つけてるけど)しばらく、GPS迷走してして、ミスコースしたかと思ったけど、しばらくして戻った。stravaのルートもずれてるけど、オンコースです。次は昇仙峡。ここは絶景、フィリップさんと一緒に登る。観光地なので食べ物屋もたくさんあったけど、混んでそうなのでスルー。標識に明野の文字が!去年クラブチームの皆とひまわりを見に行ったところ、テンションアップ。ひまわり畑でカレーを食べよう。でも渋滞していない、ん、ひまわりは?刈り取りされちゃった...カレーを食べに食堂に寄ったらテラスにはRAAを走った鉄人達が。フィリップさんとひであさんはソフトクリーム補給し先発。私はトマトカレー。このトマト本当に美味しかった。

最後は信州峠。そういえば麓に蕎麦屋があったな〜、みずがきだ。でも腹は足りているのでパス。吾郎舎は昔は蕎麦屋だった気がしたんだけど宿になっている、思い違いっだたかもしれないけど、いつかのんびりと泊まってみたい。

峠を越えてダウンヒル。ここは毎度気持ちいい。そういえば、昨年はこの区間雨で泥だらけになった。今年は晴れているけど農機具から落ちた土が路上に程よく残っている。晴れて良かった。

ダウンヒル後、野辺山っぽい風景なのに、なかなか野辺山につかないのがもどかしい感じ。野辺山駅を過ぎてゴールはすぐなのだが、コース距離の関係でおなじみのJR対向地点へ大きく迂回。最高地点のフォトチェック後、ゴールのセブンイレブンへ。朝食と回復系を買い込み、ゴール受付兼今日の宿泊の帝産ロッジへ。

洗濯、お風呂でしばし放心。晩ご飯後、早めに就寝。

この日は上下ショートのウエアで行けた。

 

Day2

間違って2時に起きたけど、スタートは4:30だった、すみません。さて、2日目は草津を目指します。清里まで下り八ヶ岳をくるっと回って蓼科側から麦草峠へ。今年も麦草登れて良かった。ピークでパンを食べていると、続々とランドヌールがやってきたと思ったら、雨が降り出した。上下レインウエアを着込み八千穂へ降る。 麓で雨は止み、ウエアを脱ぐ。ここから小諸へ。途中気持ちよく走っていたら、2箇所ミスコース。小諸から湯の丸高原 地蔵峠へ、坂がなければいい所だ。地蔵峠の道は100体以上の石佛が随所に置かれている。でもそんなの写真を撮っている余裕もなく、本当にこの坂は嫌いだ。途中写真を撮るのを言い訳に2度足をついた。

片側規制の多い下りを抜けて長野原へ。いつものセブンイレブンがPC。その横の村上家で釜飯ランチ。並ばずに入れたけど、釜飯は20分ほど時間がかかる。ひえの釜飯は思ったよりもご飯に近く美味しいかった。さて、後は殺生まで。まずは草津へ登る。ここの斜度も嫌いな部類。道の駅が見えてきて草津だと思いGPSを見ると変!あらー、またしてもミスコース。しかも登り道...。時計を見るとまだチャンスはありそう。村上家まで下り、六合(くに)へ。長閑で良い村。途中マウンテンの少年とすれ違った、と思ったら、後ろから追ってきてビュンと抜いて行った。相手にしない、いやできない。速かったなアイツ。昨年は川の中に温泉が湧いていたような記憶があるんだけど、見当たらない。登って草津に戻った。道の駅の手前の横断歩道でUターンし草津温泉スキー場へ。あれここがベルツ記念館じゃないの?ランドヌールがいたので聞いてみると、なんと、道の駅の向かいとのこと、あちゃ... 本日4度目のミスコース。Uターンして道の駅へ。サイダーと饅頭補充し、いざ、殺生へ。モヤが出てきた。ゴールのロープウエー駅はフォトチェック。でもモヤが。通行止めも一応写真に残し、草津へ下山、この下りはガクブルだった。今日の宿は素泊まりなので、湯畑の近くの晩ご飯はマーボーうどんと唐揚げ。その後、白旗の湯で、頭に何度もお湯を掛けた後、温い方に浸かったあと、46℃の熱湯に2分浸かり冷えた体をあっためる。出る時が一番熱い。セブンで朝飯を買って、宿へ行き、ゴール受付。ぬるめの宿の温泉にも浸かり、オーバーライドした体を癒す。

今日はひであさんと同室。家から送ったドロップバッグの着替えを宿で受け取り、洗濯はなし。おやすみなさい。

今日はアームウオーマー&レッグウオーマー装備。

 

Day3

ビブショーツで出ようとしたけど、フィリップさんに最初下りだよと言われ、レッグウオーマー装備。正解であった。長野原の手前までダウンヒルしそこから丘を越えて行く。バラギ湖の所のキャンプ場は無印の経営なんだね。めちゃ混んでいた。新しい朝が来た嬬恋パノラマライン(愛妻の丘あたり)はとても綺麗だった。そして地蔵の登り返し。100体目の地蔵はシャッターを逃した。峠で地蔵を撮っていると後続3人ほど到着。

昨日苦しんで登った坂のダウンヒルは爽快だった。1番のお地蔵様は信号のところでパチリ。上田から安曇野に抜けたら腹が減ってきてスピード乗らない。安曇野には鰻屋が多くてつられたが、PCまで耐えておにぎり2個補給し、乗鞍高原へ。高原までのアプローチの道は酷くトンネルも狭くて怖い(端を走ってはダメ、荒れてるので危険!)。登って登って狸の置物が見えてきたら乗鞍高原

お昼はそばにしようと思っていたので、先月も寄った中之屋さんへ。少しだけ並んで、辛み大根そばセットとわらび餅をオーダー。が、よく考えるとまだそんなにお腹が空いていない。安曇野のPCでおにぎりを食べてまだ腹に残っている... 辛み大根そばセットは辛み大根付きのそばと、とろろそば。辛み大根そばは難なく行けた。が、とろろそばの段階ではウップ。わらび餅も美味いのだが、ウップ。残さない人なので、なんとか完食して店を出る。中之屋から左へ折れて林道へ。ここはヒルクラの時のアップでよく走った道。いい苔が生えてる。苔をみているとタイムアウトするので、綺麗に見える乗鞍を眺めながら林道を降って登る。林道は通行止めだが、通行止め手前がフォトチェック。通行止めの先には秘湯の宿がある。何人ものローディとすれ違う。もう3日目でお馴染みなので嬉しい♪ が、腹がいっぱいで気持ち悪い。看板の写真を撮って折り返す。バスセンターを経由していよいよ乗鞍ヒルクライム。テンション上がる♪ が、気持ち悪い。序盤、上げ気味に走って何人かに追いつく。後半は垂れた... 山が見えてからが、キツかった〜 ハンガーノックでもないし、3日目最後の脚の疲れかな、ホントキツかった。ほうほうの体で畳平ゴール。先月登った時は真っ白だったけど、今日はスカッと気持ちいい晴れ。ただ、日暮れは近い。早く下らないと凍死する。畳平は6℃。アンダーを長袖にし、上下カッパを着て、お世話になったスタッフと旅人達にお礼を言い、下る。今夜は畳平に泊まる方もいる。いつかは泊まろうと思う。

乗鞍高原温泉の湯けむり館に寄ろうと思ったが、ウエーティングしているようなのでパス。かなり披露しているので、通り沿いの民宿にいくつか、泊まれないか聞いてみるが連休とコロナ のせいで全てNG。先週馴染みの宿に電話したら、空いていなかったけど、なんとかなるかなと思ってきたけど、甘かった。大好きな乗鞍の温泉に入らずに下るのが、ホントにもったいない。高原は諦めて松本の宿を探す。ん、某トラベルサイトでは1軒も空いていない...今日は野営か? 某まとめトラベルサイトでなんとか駅前のビジネスホテルを確保、助かった。ケツが痛いのにガタガタの下りは辛い。平地に入ってもまともに踏めず、レストラン十文字にエスケープ。畳平のディナーが悔しいのとプロテインが必要なので、サーロインをレアで。補給後なんとか、松本駅まで走りホテルにチェックイン。翌日、駅でりんごを買ってあずさで快適帰宅。

一緒に走ったランドヌールのみなさん、お疲れ様でした。

スタッフのみなさん、辛く楽しいコースと運営ありがとうございます。

 

3日で740km/17,060mUp。ヘロヘロだ。

 

sites.google.com

sites.google.com

sites.google.com

 

Strava

www.strava.com

 

www.strava.com

 

 

 

www.strava.com

 

Day1&2でなんとEveresting roam達成

思いがけず、人生初の殿堂入り!

everesting.cc

 
Photograph
 https://photos.app.goo.gl/M4HJX3eYCfNPkxNNA