Ciclista Que Sera, Sera

To far away by bicycle

2016 Mt.富士ヒルクライム

f:id:blueskycafe:20160614071926j:plain

イテテテ。前日の道志みちから予兆はありました。

長蛇のトイレは何とか間に合い、7:30の第5ウエーブでスタート。スタートして少し走ってからレースタイム計測開始になります。飛び出しは1、2名でスルーしますが後続も集団にはならず、リアルスタートを通過し3人くらいで前のウエーブをひたすら抜いて行きます。

 

10km過ぎに両ふくらはぎが攣りだし慌てて塩分系タブレット補給。こういう時に限って包みのビニールが破れない。後で見ると半かけ分くらいタブレットが残ってました。ぎこちないペダリングで数人に抜かれましたが、水分を摂り、ギアを軽めにして脚をクルクル回し、筋肉が硬直しないようにします。10kmを過ぎる頃には斜度も緩くなってきます。

 

富士ヒルクライムはタイムによってステムリングがもらえます。

65分以内はゴールド

75分以内はシルバー 

次はブロンズ

それぞれの色に合わせて、途中タイムを刻んだシールが受付で配布されました。ボクはシルバーの目標シールをステムに貼りました。リアルスタートはローリングスタートから4分くらい上った所でしたが、ラップタイムの使い方に不慣れで10km地点でグロスタイムとシールの目標タイムを比べてシルバーは諦めておりました。

 

何とかふくらはぎは回復しましたが、15kmくらいで右のハムストリングが攣りだしたので、前日に買った足攣り防止ミネラル入りのエナジーGELを投入。120kcalもあってなかなか良いかも。

20kmを超えてフロントギアをアウターに入れます。またちょっと斜度が上がりインナーに、そして最後の坂の手前のフラット区間。この手前で同じ色のゼッケンに3人抜かれましたが、3人目には着くことができ前のウエーブとのトレインができました。下ハン持ってスパートです。でも、ローテーションしなかったので、後半前に4人のトレインのスピードが落ち、単独でスプリント。ゴールは見えても最後の坂は長くアウターでは無理です。坂の手前でインナーに落とし最後のもがき。同じ色のゼッケンからちょっと遅れてゴール。

 

タイムは75分20秒くらい。ん〜シルバーリングまで20秒。ですが、これが結構長いので今の実力ですね。坂練してないのがモロに出た感じです。

足攣ったし、何となくレースになった感じはありますが。2週間前に引いた風邪が抜けず、風邪薬ドーピングで臨みました。民宿にあったのど飴のおかげで、鼻が少し抜けて良かったです。次はハッカ油を試してみます。

久しぶりになるしまのみんなとご一緒出来て楽しかったです。

次のレースは年々タイムが落ちている美ヶ原。激坂にげっそりしに行きます。

 

バイク:LOOK675、ホイール:R-SYS。

リザルト 1時間15分30秒   年代別78位/1334人

f:id:blueskycafe:20160614072200j:plain